体がダルい 疲れやすい サプリメント

中々とれなかった慢性的な疲れ!不規則な生活が自分の体を蝕んでいた?

 

「うわ〜もう、月曜日か・・・今週もやる気でないし・・・体もダルイな・・・休日はあんなにゴロゴロしてたのにな・・・どうして疲れが取れないんだろう?」

 

 

・・・・

 

・・・突然ですが、あなたは下記のような症状を感じたことはないでしょうか?

 

  • 頑張りたいのに、元気が出ない!
  • 疲れのせいで、集中できない!
  • 精力的な活動が出来なくなってきている!
  • 若いころと比べて、無茶が出来ない!
  • ちゃんと寝ているのに、疲れがとれない!
  • 休日は休んだはずなのに、疲れがとれない!

 

 

サラリーマンをやっている方は、しっかりと休んでいるつもりなのに、中々体の疲れがとれない、いっつも気ダルさを感じるなど、慢性的な疲労感を感じる人は非常に多いと思います・・・・

 

 

 

 

はじめして、Mと言います。

 

今年、38になります。

 

 

 

実は、一年ほど前ですが、まさに上記のような状態が半年以上続いていたのが私でした。

 

プログラマーの仕事に携わっている私は、朝は8時から夜は深夜2時、3時までと死ぬほど忙しく、食生活もキチンとしたモノを食べることが出来なかったので、いつも昼はラーメンやコンビニ弁当、夜も忙しい日は自宅に帰らずに、外食といった感じで滅茶苦茶でした。

 

特に若いころは、そういった無理のある仕事も、気力で乗り切れていたのですが、さすがに年齢も年齢になってきたからでしょうか?

 

 

 

朝起きるのが辛くてたまらなくなり、仕事の集中力の低下、やる気の低下、EDになるなど、なんだか、一気に今までのツケが回ってきたようで、慢性的な疲労の波にさらされるようになったんです。

 

 

もう、色々な栄養ドリンクや疲労回復サプリを試したのですが、ごまかしきれなくなってしまいました。

 

 

 

まぁ、日常の生活を振り返れば、当たり前と言えば、当たり前のような結果なのですが、

 

「このままでは仕事もまともにこなせない!何とか改善しなければ!」

 

と、流石に焦るよになり、勉強し、色々試すことにしました。

 

 

 

かなり忙しかったので、完全な対策が出来た!とまではいきませんが、疲労がたまる原因、非常に効果のあった改善方法、疲労回復におすすめの最強サプリメント等を見つけたのでご紹介しようと思います。

 

是非、自らの体調の変化に不安がある方は試してみて下さい。

なぜ?疲れがとれないのか?慢性的に体のダルさを感じる人の主な原因とは?

では、まず最初に疲労回復のための第一歩として、主な疲れの原因から紹介していこうと思います。

 

疲労回復と言っても、人によって要因が異なるからです。

 

特に慢性的な疲労を感じる方は、自分の対策が間違っている可能性が高いですし、そもそも原因が分かっていないために疲れが中々取れないことが多いので、自分の状況を踏まえながら、当てはまりそうな原因を理解していってみて下さい!

 

まずは、自分の疲労の原因を作っている日常の行動を止めることが重要なのです!

 

 

 

場合によっては、私の対策は役に立たない方もいるでしょうが、そういった方は、病気の可能性も高いので、病院で診断してもらうことをお勧め致します。

 

それでは、主な原因を見ていきましょう。

 

疲れが取れない、体がダルイと感じる原因その@食事

 

まず、慢性的な疲労でいつまで経っても疲れが取れない方が最初に目を向けるべき点と言えば、食事です。

 

人間の肉体を構成する成分は、私たちが食べる食べ物なのですから、当然と言えば当然なのですが、やはり中々食事に対して目を向け切れていない人が多いでしょう。

 

先ほど、紹介させてもらったように、私もコンビニ弁当やラーメン、外食などで済ますことが多かったので、これは大きな疲れの原因になっていました。

 

手軽に食べ物が食べられる便利な世の中になったのは良いですが、そのせいで疲れやすい体になった人は大変多いでしょう。

 

 

 

そもそも、なぜ?コンビニ弁当やラーメン、外食が悪いか?と言えば、第一に大量の化学調味料が含まれているからです。

 

 

 

この科学調味料というのは、グルタミン酸やイノシン酸などの人工的に作られたうまみ成分で、非常に強い刺激物となっています。

 

これらは、脳の中枢神経を刺激するため、異常なほど食事を推進させ、よく噛まないまま飲み込んでしまいます。

 

するとどうなるか?

 

あまり噛まないで飲み込むため、胃の中での消化が遅くなり、非常にエネルギーを奪い取るのです

 

 

 

後程も紹介しますが、消化というのは最もエネルギーを奪う行為なのです。

 

しかも、人工的なうまみ成分というのは非常に強い刺激物となっているので、胃の中も荒れてしまいます。

 

東洋医学などを調べて頂ければわかると思いますが、人間にとって、胃とはとても重要な役割を果たしているものなので、そこに負担がかかったり、荒れてしまったりすると、大変疲れやすくなり、病気にもなりやすくなるんですね。

 

ですから、少しずつでも体を蝕んでいく科学添加物は、食べ過ぎると害を及ぼすと言われているのです。

 

 

 

更に、コンビニ弁当やラーメンに使われている油も問題です。

 

実は油には、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸、オメガ3、オメガ6、オメガ9などと様々な種類に分けられており、中でも最も最悪なトランス脂肪 という油が含まれているのが、ラーメンやコンビニ弁当なのです。

 

油の種類

 

上図を見て頂ければ分かると思いますが、油の分類はこのように分かれています。

 

飽和脂肪酸というのは、動物性の油のことで、お肉やバター、チーズなどに含まれますね。

 

あまり食べ過ぎると、血液がドロドロになって、巡りが悪くなり、疲れが改善されない元となります。

 

お肉やチーズなどを摂りすぎると良くないと言われる所以ですね。

 

 

 

一方、あまり頻繁に摂取されていないのが、不飽和性の油で、オメガ3という青魚や亜麻仁油などに含まれている油は、ほとんどの人が足りていないのです。

 

血液をサラサラにしたり、発がんを押さえる作用もある重要な油なのですが、すぐに酸化してしまうので、意識して取らないと摂取が困難なのです。

 

ですから、普段から生の青魚(マグロやイワシ、アジ等)を食べるようにし、普段は料理に使わない亜麻仁油などをサラダのドレッシングに取り入れて、なるべく摂取を心がけてください。

 

 

 

そして、先ほどから話している、加工食品に含まれるトランス脂肪酸!

 

これは、アメリカ等の先進国では、猫ですら食べないプラスチックと言われており、使用を禁止しているほどの最悪な物質です。

 

血液が流れにくくなるどころか、発がん性の可能性さえ含んでおり、慢性的な疲労と、異常な肥満の原因となります。

 

マーガリンやショートニングなどに大量に含まれており、コンビニのパンなどもこれが含まれているのです。

 

 

 

なぜ?そんな危険な油を僕らは食べさせられているのか?と言いますと、トランス脂肪酸は安価で日持ちするからです。

 

企業からしてみれば、安価で長持ちするものほど、コストパフォーマンスを上げてくれるものはないと考えるでしょう。

 

自ら、食品の良し悪しを判断して、食べ物を選ばなければならないのです。

 

キチンと新鮮な旬の食材を自分で加工し、食べるようにしましょう。

 

 

 

疲れが取れない、体がダルイと感じる原因そのA過食

 

これも食に関することになってしまいますが、疲れが取れない、体がダルイと感じる原因の一つに過食があります。

 

先ほど、少し話しましたが、人間がエネルギーを最も消費すると言われているのが、過食です。

 

実は、人間というのは、大きなエネルギーを消費するのに、酵素というモノを使用しています。

 

酵素がなければ、食事をしても、体内に取り入れる栄養素を消化・吸収出来ませんし、それを使用して体内の細胞の活動を促すことが出来ません。

 

簡単にいうと、車がガソリンから、駆動力を生み出すのに必要としているバッテリーと同じような働きをするものですね。

 

とにかく、人間は酵素がなければ、生命活動が出来ないと覚えておいてください。

 

 

 

で、その酵素ですが、大きく分けて、消化酵素と代謝酵素というモノに分類されます。

 

名前からある程度予測出来ると思いますが、消化酵素というのは、食べた物を消化・吸収するのに使用するもので、代謝酵素というものは私たちが、呼吸をしたり、運動をしたり、発汗したりするのに必要なモノです。

 

酵素というのは、一日で使用できる量も決まっていますので、これら二つの酵素、どちらかに多く使うか?どうか?は食べ物をどれだけ食べたか?に影響されるのです。

 

下記の図を見てください。

 

消化酵素図

 

これを見て頂ければ、一目瞭然なのですが、食べ物を多く食べれば、消化酵素の量が増えて、代謝酵素に回せる酵素の量というものが減っています。

 

逆に、食べ物を食べる量を減らせれば、それだけ消化酵素を使用する量が減って、代謝酵素の方に酵素を回せますね?

 

そう、つまりは、食べなければ、食べないほど、人間が本来持つ代謝の力が上がっていき、パワーが生まれやすくなるのです。

 

 

 

と、まぁ、これは酵素だけの仕組みを考えた場合の暴論です。

 

勿論、人間は糖質・脂質・タンパク質の三大栄養素からエネルギーを取り出しているのですから、必ず、栄養素というものは必要となります。

 

じゃあ、どうすればいいのか?と言いますと、「栄養素を豊富に含んだ食べ物かつ、自己消化酵素を含んだ食べ物を摂取するようにする!」というのが、正解になります。

 

例えば、キャベツ、大根、ニンジン、トマト、きゅうり、レタスなどの野菜や、リンゴ、キウイ、バナナ、アボガドなどは、酵素を沢山含んでいるので、消化が早くなります。

 

自分で酵素を持っているので、自己分解してくれるんですね。

 

つまり、消化にあまり負担をかけることなく、体内に必要な栄養素を取り出してくれます。

 

 

 

逆に、お肉や油モノ系の食事になると、消化は困難を極めます。

 

勿論、お肉からじゃないととれにくい栄養素(たんぱく質)などもありますから、週に2,3回は食べたほうが良いのですが、食べ過ぎると、そのメリットよりも、デメリットである消化不良の方が目立ってくるのです。

 

要は、バランスが大事だってことですね。

 

 

 

なるべく、野菜の量を増やす!そして、生野菜と温野菜を5:5にする。

 

お肉や魚は週に2,3回、交互に食べる!

 

全体的にバランスよい栄養素を取り入れるために、和食を中心にする!

 

揚げ物、油モノはなるべく避け、食べる量を腹6分目にする!

 

 

上記四つだけでも、しばらくの間、守ってみて下さい。

 

今までの不調が何だったのか?というほど、元気が取り戻されると思いますよ!

 

 

 

疲れが取れない、体がダルイと感じる原因そのB運動不足

 

「激しい運動は、筋肉に乳酸が溜まり、疲れやすくなってしまう・・・」

 

確かに、これはその通りなのですが、やはり運動というものは適度に行っていかないと、体に不調をきたしてしまいます。

 

血流の巡り、心肺機能の低下、脂肪燃焼力の低下、ストレスの溜め込み・・・etc

 

 

これらは、運動不足によって引き起こされると言われており、当然のことながら、運動をしないことで代謝機能はドンドン低下していきます。

 

運動をすると、汗をかいて、息切れをし、血行が良くなりますよね?

 

これは、ある意味、デトックス効果で、古くなった体内の汚れを排除し、新しい栄養素や酸素を取り込みやすくしてくれるのです。

 

若ハゲや、若いのに肥満だという人は、まさに、こういった体内のデトックスが出来ていないのが主な原因でしょう。

 

体内には汚ればかりが溜め込まれ、新しいモノを循環させようにも上手く取り入れられず、体もダルさを感じるようになるのです。

 

 

厚生労働省によると、身体活動量が多い者や、運動をよく行っている者は、総死亡、虚血性心疾患、高血圧、糖尿病、肥満、骨粗しょう症、結腸がんなどの死亡率が低いこと、また、身体活動がメンタルヘルスや生活の質の改善に効果をもたらすことを認めているようで、国民の身体活動や運動についての意識や態度を向上させ、身体活動量を増加させることを目標としています。

 

国がそこまで、真剣に考えているということは、それだけ、運動不足というのは、深刻な被害を私たちに悪影響を与え、疲れやすい体というものを作ってしまうということでしょう。

 

日頃から、あまり運動をする機会がない方は、是非、この部分を意識して運動を始めてみて下さい。

 

 

 

では、適度な運動と言っても、具体的にはどのような運動が良いのでしょうか?

 

これは、厚生労働省が定めた基準によると、18-64歳の場合、

 

歩行、または、それと同等以上の強度の身体活動を毎日60分以上行う。

 

息がはずみ、汗をかく程度の運動を毎週、60分行う。

 

等とするようです。

 

まぁ、普段から普通に生活していれば、60分程度の歩行は行っているでしょうが、問題は、息が弾み、汗をかく程度の運動を毎週60分程度行うことです。

 

まぁ、お手軽なのは、ジョギングですが、週に2回(30分以上)程度のジョギング(あるいは同等のモノ)をしている人はどれくらいいるでしょうか?

 

仕事が忙しくなれば、そういった時間を作れず、休日は寝たきりやダラダラするだけという人は、とても多いでしょう。

 

 

 

週に2,3日で良いのです。

 

自分なりに、ジョギングする日や、筋トレする日を決めて、30分くらいまともな運動をするようにしましょう。

 

ちょっとした運動が、日頃のストレスを発散し、血液の循環機能を高め、疲れやすい体から自分を守ってくれるようになるのです。

 

 

 

疲れが取れない、体がダルイと感じる原因そのC精神的ストレス

 

コチラは、あなたも経験があるので分かると思うのですが、やはり、精神的にストレスを感じている場合は体も疲れやすくなってしまいます。

 

強いストレスを感じると、人は副腎という器官からストレスホルモンを分泌するようになり、自律神経やホルモンバランスに異常をきたすようになるからです。

 

そして、それが慢性的になってしまうと、更に副腎が疲弊しきってしまい、慢性疲労へと繋がっていくのです。

 

また、ストレスには血管を収縮させ、血流の流れを悪くする作用もありますから、体も強張り、脳の働きも低下します。

 

それが、益々自分の本来持っているパフォーマンスを発揮する力が低下し、変に体がダルイ、疲れやすい体へと変化させてしまうのです。

 

 

 

人間はそもそも、快楽を求め、苦痛を避ける生き物ですから、自分が嫌なことは避けたがるのは仕方ないのかもしれません。

 

しかし、だからといって仕事などのやらなければならない事柄からは逃げられませんので、どうにかしてストレスを発散させる必要があります。

 

では、どのような方法で、発散させれば良いのでしょうか?

 

 

 

これには、人それぞれなので、方法は異なるでしょうが、私の場合ですと、常に自分の身の回りを好きなモノだけで固める!という方法をとっています。

 

大好きなブランド物の洋服、大好きな匂いのシャンプー、大好きな時計や財布の小物類、等々・・・

 

ちょっとしたことかもしれませんが、人は自分が本当に気に入っているモノだけに囲まれた生活を送っている時、幸福感を感じやすくなりますから、多少なりともストレスを軽減させることが出来ます。

 

自分が毎日ワクワクするような品物を身の回りで囲むことで、ストレスを感じにくい環境を整えてみては如何でしょうか?

 

 

 

 

また、とても有効なストレス解消の手段の一つとして、朝、太陽の光を浴びることと、30分程度のウォーキングをすることが挙げられます。

 

先ほど、運動の部分でも少しお話しましたが、別の意味で、この30分の散歩は大切です。

 

なぜなら、朝、太陽の光を浴びながらのリズム運動を行うという行為は、セロトニンを分泌してくれるからです。

 

 

 

セロトニンとは、別名、幸せホルモンとも呼ばれており、心のバランスを整えて、いつもポジティブな自分を作り出してくれます

 

また、自律神経などにも働いて、交感神経と副交感神経の切り替わりをスムーズにしてくれます。

 

その結果、朝はシャキッと目覚めるようになり、夜はぐっすりと寝られるようにしてくれるのです!

 

 

 

 

長期間のストレスにより、このセロトニンは不足するようになる!とされていますが、その対抗策として最も有効なのが、先ほど話した『朝、太陽の光を浴びることと、30分程度のウォーキングをすること』なのです。

 

是非、ストレスに悩まされている人は、会社に行く前にちょっとした散歩に出かける癖を付けてくださいね!

これが最も最強のサプリ!今まで試した中では一番でした!

さて、今まで、体が疲れやすい、何となくダルいと感じる方の主な原因と、ちょっと対策をお伝えしてきたのですが如何だったでしょうか?

 

総合的に大切なことをお伝えしていくと、体の疲れをとるには、消化系機能の改善、循環系の改善、ストレスの改善などが大切だと分かったと思います。

 

これらが悪くなると、体の中に活性酸素というサビが蓄積され、しまいに体がなんとなくダルイと感じるようになるのです。

 

何となく、聞いたことがあるような話もあったでしょうし、初めて聞く方には驚きもあったかもしれません!

 

是非、上記のような対策を取り入れながら、自身の健康の対策に生かしてみて下さい。

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

が、しかし、頭で理解していても、中々忙しくて対策が取れない方もいるでしょう。

 

私も、勉強していく内に、頭ではやらなければいけないと分かってはいたのですが、最初に説明したように、忙し過ぎて適度な運動や、キチンとした食事の摂取が出来ないことが多々ありました

 

多分、時間と余裕がある方には、上記の対策で十分改善されると思うのですが、そんな対応すら難しいという人も多いと思うんです。

 

で、そんな忙し過ぎて、中々健康への対応がとれない方におすすめしたいのが、クラチャイダムゴールドというサプリです。

 

公式サイトはコチラ⇒

 

クラチャイダムゴールド

 

実はコレ、建設業で働いている(私と同じくらい超忙しいらしい・・・)友人が、最近私が夜の方も調子が悪いという事を聞いて「ED対策にすこぶる効き目がある!」と勧めてくれたサプリだったのですが、飲んでみてビックリしました。

 

 

 

信じられないくらい、元気が出てきて、やる気も回復したんです。

 

 

 

クラチャイダムというのは、タイでは有名な健康食品で、天然ハーブとも呼ばれていますが、正体は黒ショウガのことで、精力の回復だけでなく、血流の改善、血管の拡張、消化器系の改善、血糖値の低減、滋養強壮、胃痛の改善、むかつきの改善、口内炎の改善などと幅広い分野において効き目を発揮してくれることが分かっているのです。

 

その成分の内訳としては、

 

アルギニン
体内で、一酸化窒素という重要な成分を生成し、動脈硬化を防ぎ、活性酸素を除く役割がある。

 

ポリフェノール
赤ワインに含まれることで有名ですが、クラチャイダムにも含まれます。抗酸化作用があり、老化を防ぎ、ホルモン促進作用がある。

 

亜鉛
細胞分裂や新陳代謝、抗酸化、免疫力活性化、アルコールの分解などの作用。

 

 

などがあり、どれもが不足しがちな栄養を補ってくれ、余計な活性酸素を取り除いたり、予防してくれる成分が含まれているのです。

 

また、

 

バリン
イソロイシン
リジン
アスパラギン酸
ヒスチジン
チロシン

 

など、栄養ドリンクによくみかける成分も含まれていますので、滋養強壮に非常に効果を発揮してくれます。

 

 

 

で、ここまで効果があるクラチャイダムですが、普通は混ぜ物が多いです。

 

私も、クラチャイダムは有名だったので、以前購入したことがあるのですが、成分表の内訳をみると、ほとんどが他の成分による水増し・・・

 

天然クラチャイダムを100%使っているのはありませんでした。

 

しかし、このクラチャイダムゴールドは、天然クラチャイダム100%使用です!

 

 

 

まさか、ここまで100%含有のクラチャイダムが効果があるとは知りませんでした。

 

その辺の栄養ドリンクとは雲泥の差です。

 

飲み方には、ハードタイプ(1日五粒)とソフトタイプ(一日二粒)の飲み方があり、ハードタイプの飲み方をするとまるで、20代に戻ったかのような元気を取り戻すことが出来ます。

 

クラチャイダムゴールド

 

クラチャイダムゴールド

 

勿論、最初に説明した、食事の改善、運動不足の改善、ストレスを溜めすぎない対策等は必要ですが、更に、合わせてこのクラチャイダムゴールドは外せません。

 

まさに、理想の栄養食品なのです!

 

ここまでやって、体調が良くならない場合は恐らく病気を抱えていますので、病院に行った方が良いでしょう!

 

 

 

 

当然ですが、通常の食品をただカプセル状のサプリにしただけなので、副作用等も一切ありません!

 

安心して、毎日飲めます。

 

私も、既に1年間飲みましたが、何も影響はありませんでした!

 

価格は、8,400円(2箱30日分)とやや高めですが、それだけの効果は十分あります。

 

ちなみにですが、効果がなければ14日以内に返金も出来ます!

 

わずか、14日で返金保証があるということは、その間中に効果あるということですね。

 

私も、飲み始めてたったの一週間で、明らかな効果を実感出来ました!

 

本当に圧倒的です。

 

 

 

 

最初にも問いかけましたが、

 

  • 頑張りたいのに、元気が出ない!
  • 疲れのせいで、集中できない!
  • 精力的な活動が出来なくなってきている!
  • 若いころと比べて、無茶が出来ない!
  • ちゃんと寝ているのに、疲れがとれない!
  • 休日は休んだはずなのに、疲れがとれない!

 

・・・もし、こんな悩みを抱えている方がいれば是非、一度だけでも、試してみて下さい!

 

圧倒的な効果を実感出来ますよ!

 

公式サイトはコチラ⇒

 

マカクラチャイダムゴールド